インプラント

鈴木歯科医院の
インプラント治療について

鈴木歯科医院は年間100本以上のインプラント埋入をしており、
アストラテックインプラントシステム採用の歯科医院の中で浜松地区トップクラスの実績を誇っています。

アストラテックインプラントシステムとは、世界的な製薬・医療機器メーカーであるアストラゼネカ社のグループ、
アストラテック社により1985年に開発されたインプラントです。
その歴史、基礎研究、臨床実績からヨーロッパ、アメリカはもとより日本においても信頼された高い評価があり、
世界三大インプラントのひとつに名が挙げられています。

6年連続プレミアムクラブ施設認定

多くのインプラント症例を手掛けたことにより、6年連続プレミアムクラブ施設認定を受けております。
手術器具の滅菌を大学病院と同じレベルに保ち、感染予防のため手術環境にも配慮しております。

インプラントとは

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラントとは、歯が抜けたあごの骨にインプラント体と呼ばれるチタン製のネジを埋め込み連結装置(アバットメント)を 介してセラミックやジルコニアなどの人工歯(上部構造)を装置する治療です。

虫歯や歯周病はもちろん、事故や病気で歯を失ってしまった方に適した治療法の一つになります。

インプラント治療には、大きなメリットがありますが、デメリットもあります。
せっかく高額な治療費をかけるのですから、事前にメリットだけでなくデメリットを知ることも大切です。

メリット

インプラント治療は、歯の代わりとなり、今まであきらめていた食事や発音、見た目などを回復し、生活の豊かさを与えてくれる治療法です。ブリッジや入れ歯のように自分の歯を傷つけたり、義歯を安定させるための装置を付けることはしないため、自分の歯を悪くしない大きな利点があります。

  • 自分の歯に負担がかからず長持ちさせることができる
  • 歯ごたえある食物の食感が楽しめる
  • 入れ歯のような面倒な取り外しがない
  • 発音が安定し会話が楽しめる
  • 見た目が良くなり自信が持てる
  • 噛み合わせが安定する

― ブリッジの場合 ―

ブリッジの土台となった歯や入れ歯のバネをかけた歯は、元は健康な歯だったのに、大きく削られたり大きな力が加えられることによって、悪くなりやすくなります。やがて抜かなければならなくなり、さらに大きなブリッジや入れ歯へと作りかえなければならなくなるケースが多いです。
インプラントは独立して治療しているので、定期健診ときちんとお手入れをしていれば、数十年使い続けることができます。

― 入れ歯の場合 ―

歯はあまり削らなくてもいいのですが、バネをかける歯に汚れがたまりやすく、また無理な力もかかり歯の寿命を縮めます。
長年、部分入れ歯や総入れ歯などを使用している患者様にとって、取り外しをするわずらわしさや入れ歯の違和感から解放されるという点が、インプラントの大きなメリットです。

デメリット

インプラント治療は、他の治療と比較し治療期間が長く、比較的高額な治療になります。
あごの骨の中にチタン製のネジを埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療になるのですが、あごの骨にインプラントを埋め込む手術を避けて通ることはできません。

手術自体は日帰りで済み、局所麻酔で行いますので、入院や全身麻酔などは必要ありません。
比較的身体的負担は軽いのですが、手術後に痛みや腫れを伴うことがあります。そのため、重度の糖尿病や脳血管疾患や心疾患などの基礎疾患をお持ちの患者様はかかりつけの医の相談との相談により手術ができない場合もあります。

  • 他の治療と比べ治療期間が長い
  • 治療費が比較的高額
  • 医療費控除の対象になります。
  • 全身状態により治療を受けられない場合もある

― 治療期間について ―

インプラントの治療期間は、抜歯後、抜いた部分の穴がふさがるまでの期間、インプラント埋込み手術後にはインプラントと自分の骨がしっかり結合(これを『オッセオインテグレーション』といいます)するまで2~4ヶ月の期間かかり、骨の移植などが必要になるケースですと1年近くかかる場合があります。
その期間中、毎週のように通院するわけではありませんが、適切な治療には必要な期間になります。

― 費用について ―

インプラント治療は保険治療範囲外のため、レントゲンや人口の歯などの材料を含む全ての治療は自由診療となります。保険適用範囲内で治療のできるブリッジや入れ歯に比べると高額になりますが、歯は毎日使うものです。
治療費には「治療中の安全」と「治療後の快適な生活」という大きな価値が含まれています。

インプラント治療は全て医療費控除の対象になります。 詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、自分や生計をともにする配偶者・親族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができます。

医療費控除の対象となる金額は、以下の式で計算した金額です。(最高で200万円)
[実際に支払った医療費の合計-①の金額]-②の金額
①保険金などで補填される金額
②10万円

  • 注:その年の総所得金額などが200万円未満の方は、総所得金額等5%の金額
鈴木歯科医院インプラント手術

インプラント治療費

鈴木歯科医院で行っている主な治療の費用をご紹介いたします。同じ治療でも、方法や使用する材料によって費用が異なります。

ご不明な点や疑問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

前歯の場合の例
1次手術(1歯につき) ¥198,000
2次手術(1歯につき・仮歯含む) ¥44,000
上部構造装着 ¥132,000
奥歯の場合の例
1次手術(1歯につき) ¥198,000
2次手術(1歯につき・仮歯含む) ¥22,000
上部構造装着 ¥132,000

上記は消費税込みの金額になります。

Page top